information

last update 2018/2
更新周期と内容はかなり適当なので気分次第で連投したり半年放置したり

2010年11月21日日曜日

2010 マイクロロボット 日本工業大学 その2

2010 マイクロロボット 日本工業大学

こんなモノに出場したのは、もう大分前となってしまった。
反省をかねて何か書こうとしたのだが、なかなか書く気にもなれず
今に至る。
って、ことで反省する気はないので、ちょっとした紹介とする。



まず、この大会は、日本工業大学主催の高校生向けのロボット大会である。
で、
大きさは1インチ立方で、センサー部のみ大きさは考慮しないものとする。
この、ロボットが、A2サイズのライン(黒字に白のライン)を走るわけである。

それで、この大会の個人的感想(あくまで、個人論です。。)

まず、自分は第一次予選で敗退
別にミスもなくやりきったわけだが、どうも納得がいかない
ということで、今後に役立てていただきたくあえて色々言ってみる。

・いくつかの高校が表彰台を独占している。
・大会会場が人数に対して狭い
・スタッフが沢山いるのに会場までの誘導など一切無い
・第一次予選で落としすぎる割にその時間が短い
・大会上位者の時間及びその他の時間が長い
・前回大会の様子が分からない
・台数制限、人数制限がないため 高校授業一環で行っているところに歯が立たない
・大会でプロジェクターの映像が見にくかった
・コースなどをもっと公開してほしい 
・新しく出来た技術賞などの審査が曖昧
・ロボット本体が高い
・お偉いさん紹介が長い PTA紹介みたいである。


まだ、あった気がするがもう忘れてしまった。
ただ、http://ise.nit.ac.jp/mrc4result.html これから分かる用に
一部の高校が独占
更に、台数制限がないため上位者は3台とか出している。

良いこと
・会場までの案内は分かりやすかった
・大学がかなり負担してくれる (1高校に一台無料で配布、お昼は用意してくれる、デザートも出た、大会出場料などは一切無い)
・気軽に参加できる。
・規模が拡大中なところ 発展の余地あり


とは言え、これだけの大会となると負担も大きいであろう
日本工業大学には感謝したいと思う。

なんだか、文句ばっかりになって申し訳ありません
でも、今後の展開にはかなり期待しています。

その3へ ↓

http://kimamanaanounoyounakimositeru.blogspot.com/2010/11/2010_21.html



0 件のコメント: