information

last update 2018/2
更新周期と内容はかなり適当なので気分次第で連投したり半年放置したり

2010年6月3日木曜日

鏡音リン・レンを色鉛筆で描いてみた


まずは適当に

もっと適当な前描きもあったけど
面倒なのでここから







まあ、リンの腰がおかしいが














確定線を描いていく
ここでは、リンの髪ですが、
雲形定規・・・・でなく


字消し版の曲線を消すところを雲形定規代わりに使用。

意外と使えたりします。

後は、気合と根性

でも、本当は雲形定規がほしかったりする。






色鉛筆で塗るため
線を確定していく

やはり、リンの腰が違う。

ついでに言うとリボンつけてるのが鏡音リン
もう一人が鏡音レンです。



面倒だ、

スカートにしてしまえ

って事でスカートに変更

スカートは、色々考えて作ったつもり



細かい所を描いていって
体とか顔とかを丁寧に仕上げ

鉛筆のは、今仕上げないと
色鉛筆中の場合真っ黒になります。











とりあえず、下地から薄く
髪のグラデーションを描くときが一番楽しかったりします。

二次元ならではの髪のグラデーションです。



原画のリン・レンをうまく表現できない(実際もっとクリーム色だったんですが、色鉛筆だと悲惨になりそうなので)
オレンジっぽくても十分なので髪は以上。




なんか微妙ですが・・・・・


気にしないことにして



結果がよければいいのだ。
と、言い聞かせていたものの
目に多少失敗。
少しぐりぐり塗り過ぎた。


完成です。
前よりは、だいぶ慣れたかねぇ












 




スキャナーのは、また後で
以上、疲れました。

描くのはいいですが、
書くほうは苦手です。

しかしながらブログを書くのは楽しかったりしますが、
やはり時間がかかります。

時間の壁と常に戦闘中の近頃です。






0 件のコメント: